- TAKAZAWA KAZUHITO -

竹沢 和仁 画像

<VFX/ゲームエフェクトコース>

経歴(2023年現在)

株式会社クリーク・アンド・リバー社/VFXSTUDIO 3DCGVFXデザイナー

長野高専電気電子工学科 卒業
都内のIT企業でシステムエンジニアとして就職後、アート・デザイン業界への夢をあきらめ切れず退職。
個人事業での画家活動を行うも、営業活動に苦戦し挫折。

子どもの頃から映画やゲームの影響で3DCGに興味はあったが中でも魔法、立体魔法陣などのエフェクトが特に好きだったことから、エフェクトデザイナーを志す。

2021年3月からC&R Creative Academy VFX/ゲームエフェクトコース受講。卒業後VFXSTUDIOに3DCGVFXデザイナーとして就職。

Unreal Engineでの案件エフェクト制作を行いながら、エフェクトコースの改善提案や生徒サポートを続け、2021年7月から講師としても活動中。

講師メッセージ

<講師として意識していること>
卒業生として常に生徒に親身に寄り添って、わかりやすさ重視で教えることを意識しています。

コースの中には課題によって苦戦してしまう生徒さんもいますが、「だからダメ」ではありません。
(正直、過去の自分も最初は上手くいかないことだらけでした…。)

わからないなりに考えて努力した上で作成してくれたと思うので、
「これ取り入れてみたのすごく良いと思います!」「たしかにここ最初難しいですよね」
「意識したポイントは?」「一緒にどこまで理解できてるか確認してみましょうか」などサポートを行っています。
(逆に他分野に詳しい生徒さんに教えてもらうことも)

また、自分自身かみ砕かないとうまく理解できないタイプではあるので、お教えする際は、昔の自分でもわかるかな?とわかりずらい専門用語は極力図解するなどなるべくかみ砕くように意識しています。

<今後の目標>
「エフェクトコースを宇宙一のエフェクト教育機関へ」

ゲームエフェクトを専門的に学べるところは本当に少ないので、どうしていいかわからない方も多いかと思います。
そこに無料の、それもニッチなエフェクト講座となると怪しいと感じても仕方なさはあるかもしれません…。

僕自身入校前(就職後お仕事をもらうまで)は、怪しいなと正直心の底では思っていました。
実際入ってみると、実務でも通用するフィードバックを頂ける素晴らしい環境だったのですが、、、

今後入校する後輩の皆さんのためにも(卒業生のためにも)、「あのアカデミーのエフェクトコース!?すごいね」と言われるくらい胸を張って紹介ができるようなコースにしていきたいです!

<最後に>
みなさんと同じように業界へ憧れて、未経験から同じアカデミーに通った者として、一人のエフェクト / CG好きとして、業界に入ってから学んだこと、失敗したこと、こうしたら上手くいったことなどなど僕の経験から(話せる範囲で)何でもお伝えできればなと思っています!

僕自身、全くの別業種からアカデミーを経てエフェクトの業界での一歩を踏み出すことができました。
もちろん就業後ほど、プロとしてクオリティを追求したり、日々良いエフェクトを見たり、ツール学習をしたり努力は必要ですが、興味がある分野なのでとても楽しいです!

アカデミーは就業前提ではあるので、ただ「エフェクトを学びたい」ではなく、本気で「ゲームエフェクト業界に就業したい!」と積極的に行動できる方には、本当にすごくいい環境だなと思います。

ゲームエフェクト業界への就業をしたい!という方はぜひ勇気を出して挑戦を!全力でサポートさせていただきます!