Class

After Effects(モーショングラフィックス)クラス画像

このクラスでは、CG素材の制作やエフェクトの作成、それらを合成する技術と最終的な画作りを学びます。
メインで使用するツールはAfter Effectsとなり、本クラスでは映像・遊技機業界を目指せるカリキュラムを用意しております。
映像業界を目指される方は多いと思いますが、実は遊技機では多岐にわたる映像全般の技術が必要であり、
他の映像業界(映画・CM・YouTube等)でも活かせる技術を習得することができます。
遊技機関連の技術が高ければ 映像業界でも大いに活躍できます。

Adobe After Effects を中心に、CG素材の制作やエフェクトの作成それらを合成する技術と
最終的な画作り
を学びます。(アニメーション、PV作成、モーショングラフィックス)

コンポジターになれる

あらゆる3Dや2Dの原画や実写映像、エフェクトなどの素材を組み合わせて、
最終的にユーザーに届く形でアウトプットをする職業で、
映像作品の最終工程を請け負う人材や、映像クリエイターのこと。


アニメーションやCGを制作するあらゆる業界、例えば映像業界(映画/TV/CM制作/YouTube/PV制作など)、遊技機業界(パチンコのアニメーション)、ゲーム業界など、活躍できる場は多岐にわたります。


・それぞれの素材の解像度や色調、明暗やコントラストなどを上手く調整

・バレ消し:不要なものを削除したり、映像データをイラストレーターやフォトショップで加工したりする作業

・映像全体の最適化


・責任感のある人

・全体感を把握する事が得意な人

・コミュニケーション能力の高い人


・必要以上にこだわりすぎてしまう人

・スケジュールやコミュニケーション調整が苦手な人

・自己実現が先行して、ユーザー視点を持てない人 

カリキュラム詳細 

主な制作物はテキスト系予告・エフェクト系予告・立体デザイン物ほか

● After Effectsの基本オペレーション習得

● 各種CG素材を用いた映像編集の基本習得

● 自身で字コンテや絵コンテの構想を練ることにより、絵作りに必要な知識習得

● Trapcodeを用いた制作現場で求められる実践的なエフェクト制作技術の習得

● Element3Dを用いたAfter Effects単体で完結できるモーショングラフィクスの制作技術の習得

上記にて習得した技術を結集し、映像制作企業に訴求力がある
ポートフォリオ
を完成させることを一つのゴールとして設けています。

お仕事などで平日全日受講できない場合は通信学習プランでの受講も可能です。

受講期間/受講期間3か月間~最長6か月間 ※個人の作業時間によって変わります。
受講時間/平日 月~金(土日祝休講)10:00〜17:00
通信学習/最低週2日の生徒定例会への出席(進捗報告)必須、月の最低勉強時間120時間~

※上記時間帯は講師よりリアルタイムでフィードバックを受けることができる時間帯となります。
 課題制作にあたり、自主学習の時間は各時確保いただき、制作に取り組んでいただくこととなります。
 通信学習の方の場合は、翌日以降にテキストベースでのフィードバックの対応となりますことご承知おきください。

CLASSクラス